週5でエアロビに通う50代女性

ライフ整骨院 武蔵小金井院 

高木です!


大分紅葉も見ごろどころか場所によっては終わりを迎えているところも

あるようですね。今週末、富山に帰る予定があるのですが

富山の紅葉といえば、黒部峡谷です。

黒部ダム、トロッコそれはもう素晴らしいです。

ただ、紅葉の時期はめちゃくちゃ混雑します…


今日はエアロビ大好きな女性の例をご紹介します。


右脚が痛みもあって痺れるんです。

立っているだけでも右のお尻からふくらはぎが痛くて、

大好きなエアロビも休んでいるとのことでした。


その方のお母さんが来院されていたので紹介されて

来院されました。


当院にいらっしゃる前は下記のような経緯です。

  • 2カ月前にぎっくり腰
  • 1週間様子を見るも痛みが強くなる
  • 近所の整形外科で牽引されてから腰だけでなく足にまで痛みが広がる
  • その後歩けないくらい痛みが強くなった
  • ぎっくり腰から1カ月経過後、違う病院を受診したが、そのとき痛いのは腰だけでなく「ふくらはぎ」だったのに腰だけMRIをとって痛み止めを出して終わり。
  • 大好きなエアロビは2カ月お休み中…

大事なことは…

まず一番に大事なことは、今は腰ではなく「ふくらはぎ」が痛いということ。

もし原因が腰にあったとしてもそれらを全て説明し理解していただくことが大切です。

それを説明もなしに腰だけしか診なければ、患者さんは納得できません。


よく院長に言われたことがあります。


『その人のケガを診るんじゃない。その人自身を診なければいけないんだ』


このケースの場合、全体をみるという意味では腰に注目するのは正しいかもしれません。

けどまず最初にすべきはその人の痛みを理解することです。

腰じゃなくてふくらはぎが痛いんですと言われれば、まず最初に診るべきは

ふくらはぎだと僕は思います。


いよいよ施術へ。

問診が終わったので

さあ、施術へ!

 

そうは行きません。

まずは検査でどこが悪いのかを特定します。

 

そして

  • どこが悪いのか
  • どのくらい治るまでかかるのか
  • どのくらいの費用がかかるのか

などをきっちり説明します。

 

この問診・検査・カウンセリングをきっちりしてから施術開始です。

 

今回のケースは

腰の牽引がさらに悪化をさせたのは言うまでもない事実だと思います。

おそらく元々、右の仙腸関節が可動性がある(ありすぎる)状態だったのが

そこに追い打ちをかけるように牽引をして負担がかかってしまったのではないかと

考えます。そうすると、この強力な関節を止める靭帯の修復にはかなり時間がかかってしまいます…

 

あとは、本人が痛いというふくらはぎも施術しました。

されることで本人が満足する、というだけの単純な理由ではなく

ふくらはぎの緊張をしっかりとっておかないと腰などの緊張をどれだけ

取り除いてもすぐにまた元に戻ってしまうからです。

それは、最近ちまたで流行っている『筋膜』の考えからです。

筋膜についても近々書きたいですね。

 

施術を続けた現在…

最初は歩いて当院に来ることも大変でご家族に送ってもらっていたのが

徐々に自分の脚であるけるようになり、


現在は、週5でエアロビに楽しそうに通われています。

ゴルフ大好きな70代男性

女心と秋の空。天気が変わりやすい季節。

患者さんの中でも風邪をひいたという話をよく聞きます。

そんな季節はぎっくり腰や寝違いにも要注意!

 

ライフ整骨院 武蔵小金井院の高木です!

 

今日はゴルフが大好きな患者さんについて書きます。

 

手首が痛くてクラブが握れない…

手首が痛くてクラブが握れない…

そうおっしゃって当院を受診されました。

 

1年前から痛みはあったけど、

整形外科で痛み止めを打ってもらったら治った。

 

また半年たつとまた痛み出したので

痛み止めをうってまたゴルフ再開。

 

そして、今回。

痛みが強くてクラブどころかものが全く握れないほどに…

まずは固定です。(痛みの変化)

最初は手首の親指側の痛みだったそうですが、

1年経った今回は、小指側まで痛みが広がり

腫れあがってしまっていました。

痛み止めは良さもありますが、痛みを忘れて動かしてしまうのが怖いところです…

 

エコーで損傷個所を確認し、きっちりと状態を患者さんに説明。

損傷があり、しかも炎症もひどかったのでまずは固定具を使用して

がっちりと固定です。

 

固定はした途端に痛みを感じません。動かせませんので。(笑)

固定すること10日間、びっくりするほど痛みが減りました。


この時点でまだ痛みが残っていて固定を継続したかったのですが、1年間も酷使された手首は

可動域制限があり、これ以上の固定を断念しました。

 

そこから治療を継続し、途中からあきらかな変化が…

 

強く握れないんだよね…(意識の変化)

大分痛みが落ちついてきたころ、ある変化が現れました。

 

『なんか強く握れないんだよね。』

とおっしゃるのです。

それまでは握ると痛い、曲げると痛いと『痛み』に意識がおっしゃってましたが、

力が入らないと少し意識が変化してきた証拠です。

 

いよいよ、ゴルフのコースへ

何度か施術と打ちっぱなしにいってもらったりを繰り返して、

いよいよ、ゴルフのコースへでます。

ここまで来るのに、1か月半かかりました。

本人もかなり不安がってましたので、がっちりとテーピングで固定しました。


今回大学時代からの友人と4人で回るとのことで、

不安もありましたが、すごく楽しみにされてるのが伝わり

僕もうれしくもあり、ドキドキしてました。

 

ゴルフのコースへ行った結果は…

『なんだか力が抜けてたから1位になっちゃたよ。』

 

だそうです。とてもうれしそうに話されていたのが印象的でした。

他の3人は悔しかっただろうなー(笑)

 

僕自身もとてもうれしかった瞬間です。

 

あとは、テーピングのない状態でも思い切りできるように

施術継続していきます。

治ったら何がしたいですか?

皆さんは今の痛みが治ったら何がしたいですか?

 

痛みがあって我慢しているという方は

ぜひライフ整骨院へお任せください!

みなさんのやりたいことを叶えられるように

全力を尽くします!!!

紹介特典をご存知ですか?

お久しぶりです!


ライフ整骨院 武蔵小金井院

高木です。

 

しばらくブログをさぼっていました…

またこまめに更新していきたいと思います。

紹介特典ご存知ですか?

当院には紹介特典がございます。


紹介した人も、された人も

自費分1000円+税が

安くなるんです!


身近に痛みがある方やどこにいっても治らないという方が

いらっしゃいましたらぜひご紹介ください。

その際は紹介者様のお名前をおっしゃっていただくか、

紹介カードをお持ちいただければと思います。


痛み止めっていいんですか?

武蔵小金井院のライフ整骨院 高木です。

 

痛み止っていいんですか?


お盆に入りなんだか街全体が静かな感じがしますね。

ライフ整骨院グループの3院(三鷹院、武蔵小金井院、多摩センター)は

今日、明日両方とも営業しておりますので、いつでもお待ちしております!!


痛み止めはいいのか?

この答えは、とあるエピソードを紹介しましょう。

 

『腱鞘炎が痛くて、痛み止めを打ってもらったら

楽になった。それでまた好きなゴルフができる!

 

半年後また痛みがでて痛み止めを打ってもらう。

楽になってゴルフができる。

半年後。めちゃくちゃ痛くなっていつもと違うところまで

痛くなってきた。』

痛みは体のサインです。

これは治療なのでしょうか?

痛いから痛み止めを打つ。

それで治りますか?


治ったのではなく、単純に痛みが感じないだけ。

せっかく体が痛みとして危険信号を出してくれているのに

それを麻痺させてまた動くことでさらに悪化します。

痛みがないとどうなるか。

痛みを感じないって素晴らしいです。

痛いのが好きな人っていないと思います。

(一部には好きな人もいるかもしれませんが。(笑))


けど『痛い』という感覚は必要なのです。

それは危険信号なのです。

放っておくとやばいよという警告のサインなのです。


足がきれて血がだらだらと出ているのに痛みを感じなければ

どうなりますか?


…最悪の場合、死にます。

痛み止めが悪いとはいいません。

どうしても明日ゴルフに行きたい。

どうしても明日の試合でピッチングしたい。

どうしても明日大事な商談がある。


どうしても。。。


こういうときには痛み止めも必要かもしれません。

痛くて寝れないときにも必要かもしれません。


ただ、『痛みがなくなった=治った』ではないことを

よく理解しておかないと後々大変なことになります。

痛み止めを打って痛みがない間にたくさん動かすことによって

前よりも症状が悪化してしまうこともよく理解しなければいけません。

痛みの軽減=治療?

治すというのは、このように痛みを抑えたり軽減することではありません。

痛みの原因を突きとめてそれについて対処することです。

その結果痛みがなくなるのです。

 

『痛み』の除去ではなく、痛みを出している『原因』を取り除きましょう!

痛いところを揉んで治す

武蔵小金井院の高木です。

 

痛いところを揉んで治る。

そう思う方はなかなかいないと思います。

なぜなら、それで治ってればみんな自分や人に

揉んでもらって治るからです。

 

ではどうすればよいのか?


※前に似たような内容でブログを書いております。

「腰が痛いから腰を揉む?」

痛みを出しているところ以外に原因がある。

痛みがある所以外に原因があるのです。

ただし、これはケガを除きます。

靭帯や筋肉が切れていたり、骨折していて他に原因がある!とはいいません。

 

あくまでも慢性的なものの場合です。例えば肩こりなど。

首の痛みは腕に原因があるかも?

例えば、首が左右のどちらかに曲げにくいとします。

これで肩をもむと確かに変わるかもしれません。

しかしそんなときは、ちょっと思考を変えて

腕のあるところに刺激を加えるとすすすっと

首が曲げやすくなったりします。

 

日常的によく使う手や腕が原因で首や肩に痛みがでていたとすると

これを肩だけ揉んでいては決して治らないでしょう。

一時的に楽になったとしてもきっとすぐにまた痛くなります。


バイオメカニカルアプローチ

痛くないところに対してアプローチをしてなおしていくのが

私が今年の5月から1年かけてセミナーに通っている

バイオメカニカルアプローチです。

体の連動した動きがどうなっていてどこが痛みの原因なのかを

探ることや、実際に原因に対してどう施術をするかを学んでいます。

 

痛いところ・硬いところを揉んで『コってますねー、効きますねー』というのは

私たちでなくてもできます。しっかりとした医学的知識をもって

患者様の生活のサポートをしていけたらと思います。