体が硬い人は水不足?

武蔵小金井院の高木です。

 

今日は体の60%を占めるお水の話です。

ストレッチをやってるけど柔らかくならない

『ストレッチをしているんだけど、なかなか柔らかくならないんだよねー』

という話を聞きます。


そもそもストレッチのやり方が間違っている可能性もありますが、

ストレッチをしっかりしているのに硬いという方は

お水不足の可能性も考えましょう。


体内のお水の割合

一般の成人で60%がお水でできているといわれています。

赤ちゃんは80%、お年寄りで50%と年齢により

変化もでてきます。だから赤ちゃんはぷにぷに

してやわらかいんですね~。


ではこのお水、体内でどんな役割をしているのでしょうか。

お水の働き

膠質浸透圧の維持などに大きくかかわるのですが、今回のテーマが

体の硬さについてなので、そこに特化したお話にします。

(膠質浸透圧というのはむくみや足がつったりするのにも大きくかかわるので

それはまた今度の機会に)


さて、このストレッチを思いうかべてください。

足をまっすぐしたまま、上にあげていくとどこが伸びますか?

きっと皆さんが一番に思う浮かべるのは筋肉ですよね。

けど、筋肉だけじゃないんです。

皮膚だったり、腱、靭帯、関節包などといった組織も

伸びます。


水が少ない人はこれらが硬くなってしまいます!


筋肉は収縮時に繊維同士が滑走するといわれていますが

その間にゲル(水溶性の固体にちかいもの)があるといわれています。

腱、靭帯、皮膚の真皮などを線維性結合組織といいますが、これらの

60%は水分だったり、関節の中の滑液(循環油をイメージしてください)の

粘度も水分に大きく影響を受けます。


水分がなくなるとこれらの柔軟性が失われるのです。


そしてこいつらは動かさないとみるみるうちに体が硬くなっていきますので

水分だけでなく動かしたりのばしたりすることも重要です。


お水はどれくらい飲めばいい?

お水は1日に1.5L~2.0L排泄されるといいますので

それだけ飲む必要があります。このときに重要なのが

水分ではなく、水ということです。


お茶、コーヒー、ジュースなどは水としてカウントしません。


最初はつらいなとか飲めないなと思いますが飲むのを習慣づけると

自然と飲めるようになります。私も最初はそんなに飲まなかったのですが、

少しずつ続けるうちに自然と飲むようになりました。


まとめ

●柔軟性をあげるにはストレッチだけなく水が必要

●水は1日1.5L

●コーヒー、お茶、ジュースは水に含まない