梅雨入り宣言=ギックリ警報??

武蔵小金井院の高木です。

 

昨日当院では吉田先生の指導の元、夜遅くまで

勉強会でした!今日から即実行できるものばかりですので

お楽しみに!

 

そして、とうとう関東近辺が梅雨入りしてしまいました。

嫌な時期ですね~。

私は出身が富山なのですが富山県の湿度や降水率が

すごくて全国トップクラスなので、東京にきて

最初の年は『これが梅雨なのか?』と逆に驚いたのを

思い出します。笑

 

梅雨入り宣言には注意せよ!

梅雨入りすると接骨院には必ずといっていいほど

ギックリ腰や寝違いの方が増えてきます。


『ほっとけば、治る』


という方をよく耳にしますが、たしかに痛みはなくなるかも

しれません。しかしそれは治ったのではなく

単純に痛みが治まっただけなのです。

なぜ梅雨の時期は痛くなるの?

梅雨にかぎらず雨の時や、台風など気候の変化があるときに

体調を崩す方は多いと思います。


それは低気圧が原因かもしれません。

ざっくり言うと低気圧により血液やリンパの流れが悪くなるのです。


※詳しくは6月号のニュースレターに掲載しておりますので

お近くの店舗でお受け取りください(*^^)

片頭痛についても書いてあります!!

痛くなったらどうすればいいの?

痛くなったときは、お近くの整骨院・整形外科などの専門医に

相談するのが1番です!

 

結局それか!なんて突っ込まれそうですが、それが一番です。

冒頭にも書きましたがほっとけば治るというのは、

単に痛みが治まっただけで治っていません。

本当の意味での『治る』というのは再発しないことを

意味します。再発しない体にすることなのです。

ほっとけば治るという方に多いのが何度もぎっくり

腰などを繰り返してしまいます。

たまにだからいいやとか、どうせ治らない、と思わずぜひ

専門家を受診してみてください!  


急な痛みは予約なしでも大丈夫です。

急な痛みなどの場合、当院はご予約なしでも受け付けておりますので

お待たせすることがあるかもしれませんが、いつでもお越しください。